SSブログ
前の5件 | -

【菌融庁検査 2022晩秋~北伐編~】11/3~5 [キノコ]

DSC_0556.JPG




はい、こんちは。

上記は先週狩った、ピエブルー。

ムラサキシメジである。良質な品が採れた。時期がドンピシャであった。





DSCN0458.JPG

ピエブルーと若干採れたシモフリシメジを加えたピラフ。

加熱しても紫色が褪せない為、とっても美しく食欲がソソル色合い?を保っています。

二合炊きなのに、ニンニクを6カケも微塵切りで加えたが、一度キノコと炒めて更に炊き込んで加熱したので、出来上がりはニンニク臭一切なし。全てが旨みに変化しました。
炊きあがり直後の仕上げに発酵バターを加えて少々保温したら出来上がり。

旨さ爆発!  

欧州では高級キノコであるピエブルーは、やはり洋食に素晴らしく合う。 ^^


このピエブルーはこの時 連日朝方2℃程が続く気温の場所に生えたので、10月末で採れましたが、関東の平地や低山であれば11月末から12月に獲れるキノコなので、今後皆さんも出会えるチャンスがあると思いますよ。 是非!



宜しければ続きをどうぞ


nice!(11)  コメント(12) 

【菌融庁検査 2022秋~中秋編~】10/22 [キノコ]

DSCN0440.JPG




はい、こんちは。

秋真っ盛りの最中、今年も順調に検査を継続中でございます。^^

先ずは先週の検査から。
上記はツチアケビ。
ラン科。葉緑素を持たず光合成をしない。栄養源は土中の「ナラタケ菌」。ナラタケと共生します。
キンランは葉っぱが緑で青々しているので光合成はしているんでしょうが、やはり地中のイボタケやベニタケの菌根から栄養補助を受けないと成立しないみたいですねぇ。^^


さて、こいつは採取しませんがこの山では普通のアケビが採取出来ていくつか持ち帰りました。




宜しければ続きをどうぞ


nice!(7)  コメント(8) 

【菌融庁が往く~学童菌融~】10/6 [キノコ]

DSC_0542.JPG




菌融庁 検査局 局長室にて・・・



のら人: 失礼します。

菌融庁検査局局長: まぁ、掛けたまえ。どうだ、仕事の方は捗っているかね?

のら人: 逐一、報告している通りですが・・・。

菌融庁検査局局長: そうかね。そう言えば、先週 珍菌「ルリハツタケ」のサンプルをゲットしたのは君だったね。

のら人: えぇ、まぁ。ちゃんと報告書を見てるではないですか! 局長。

菌融庁検査局局長: 私も仕事だからね。主任検査官の報告書に目を通せるのはこの私。検査局長だけだからね。私が直轄上長だから仕方が無いんでね。

のら人: して、ご用命は? また政治屋絡みの、松茸狩りですか?

菌融庁検査局局長: 松茸? それなら君なんて呼ばんよ。

のら人: そうでしたね。局長は元 6検(検査局第6検査課)のエースハンターでしたね。6検は松茸専従。しかし、・・・今でも歩けるんでしょうか?

菌融庁検査局局長: ふん。当たり前だ!日頃のトレーニングは欠かしてはおらんよ。私も君みたいにノンキャリアだったら、間違いなく主任検査官の道を歩んでいたところだ。しかし、私は東大出身のキャリア組。本来は検査道を突き進みたかったが、現事務次官に説得されて、致しかたなくこのザマだ。
まぁ、次期かその次の事務次官は約束されてはいるがな。
そう言えば、君! 上記写真のキノコ界の貴公子 「銀茸」のサンプル持ち込みは無かったようだが。

のら人: 「銀茸」は流石に、全部一人で「味検査」しました。凄く旨かったですわ。

菌融庁検査局局長: こやつめ! お前みたいなのが多いから「銀茸」(シモフリシメジ)のサンプルが少なくて「菌中研」(菌融庁中央研究所)が苦労しておるのだ!

のら人: しかし、今更 銀茸でもないでしょうに。

菌融庁検査局局長: 君は知らんのか!? 銀茸の発生数が激減しているのだ。

のら人: 知っていますよ。富士山の無料鑑定所等ではクマシメジを銀茸と鑑定している所もありますな。まぁ良いのでは? 猛毒のヒョウモンクロシメジとネズミは流石に判別できるでしょうから。
しかしそれ以前に未だにヤマレコで富士山キノコ狩りのレポート頻繁にアップしている輩が約1名います。彼の方が大きな問題です。それもハナイグチを喜んで採取しバクバク喰ってますよ。

菌融庁検査局局長: なんだ!?  まだそんな不埒な輩がいたのかね! 1㎏辺り500ベクレル以上のセシウム137を含むハナイグチをバクバクとは・・・。いつ内部被ばくから癌で余命宣告されてもおかしく無いな。

のら人: あ! で、本来 何用でしたっけ?

菌融庁検査局局長: そうだそうだ! 要するにだ! 未だに富士山で採取を続ける爺さんや婆さんを今後二度と生み出さない為に、その老人達が孫に放射能キノコを食わせない様にする為に、君ならばどうするね。

のら人: そりゃ、子供の内から菌才教育を施しておくのが肝要でしょう。

菌融庁検査局局長: フフフ ・・・。  ( ̄ー ̄)ニヤリ

ほぉ! そうかそうか! 
では今回のお題だが、学童菌融だ。簡単な仕事だ。で、君にやって貰う。 

のら人: はっ! 否、ちょっと、私は子供やお子様やチャイルドやチュードレンが大の苦手でして・・・。

菌融庁検査局局長: だまらっしゃい! 全部、同じではないか!  それに今しがた君のその口から「子供の内から菌才教育」と確かに聞いたぞ! 君が適任だ。 以上だ! 

のら人: はぁ~。分かりました。

菌融庁検査局局長: 分かれば宜しい。今後の菌融庁は「学童菌融」にかなり予算を振り分ける方向だ。そしてその学童菌融にダイレクトに携わるのは当面の間、菌融のスペシャリストと言える主任検査官の数名にやってもらう。励んでくれたまえよ!



宜しければ続きをどうぞ


nice!(8)  コメント(8) 

【菌融庁検査 2022秋~松茸五目~】9/22 [キノコ]

DSC_0530.JPG




はい、こんちは。


今回は3週間ほど前に新規偵察した山に再度踏み込んできました。

太公望達が遊漁船に乗って釣りをする時に、様々な魚種を狙う釣り船がありますね。

その中でも取り分け人気があるのが、「真鯛五目釣り」です。

お魚の王様である「真鯛」を含めて、その他の五目釣りを楽しむのです。
そもそも真鯛は高級魚ですが、その他もワラサ等の青物や、アマダイ等の高級魚も同時に狙えるので特に人気があるのが「真鯛五目釣り」となっています。


して、これを菌融に当て嵌めると、やはり「松茸五目狩り」でしょう。^^

それも簡単にお子様でも楽しめるような安全な「狩り」でなければいけません。


簡単にはいかないでしょう! 松茸含めるんだから!

と、普通の方は考えると思いますが、既に富士山は老人でもお子様でも初心者でも簡単に

「松茸五目狩り」が可能となっております。

但し、放射能汚染が顕著な為、決して特にお子様には採れたキノコを食わせられないです。
非常にリスキーであります。

故に菌融のプロ集団?である菌融庁としましては、お子様でも自ら獲った松茸やその他キノコを安心して食える「お狩場」を開拓せねばならないのです。

それこそが、今回の狩場となります。

よろしく。 ^^


上記は、先ずは!のクリフウセンタケ。
兎に角、旨い! そして群生しますので沢山採れます。難点は「落ち葉被り群生」するため、ごみ処理が面倒なところですな。








宜しければ続きをどうぞ


nice!(5)  コメント(8) 

【菌融庁検査 2022秋~松茸の陣~】9/15~16 [キノコ]

DSC_0513.JPG




はい、こんちは。

今回はストレートに、お題を「松茸の陣」としました。

シンプルで良いね。 ^^

以前からしつこく書いていますが、自分は特に松茸を好んで食べません。
1年に一回少し食べれば、良し、です。  あんな香りの強い国産松茸を毎日食べると、ゲンナリします。^^;

問題は、「あんなもん」を「強く希望」する家族や友人たち。

彼らの為に、1年に一回は獲りに行かねばならないのです。
但し、獲るのは楽しいです。柄が地表に見えていないモノを掘り出す時と、それが大物だった時の感動は例えようがありません。^^

上記は山ブドウ。鈴なりです。が、しかし、まだまだ酸っぱい! 

もう少し熟れてから収穫ですな。

個人的には松茸よりも山ブドウの方が何倍も嬉しいですけどねぇ。 ^^








宜しければ続きをどうぞ


nice!(7)  コメント(10) 
前の5件 | -